誹謗中傷と批判の線引き

コメントを受けた側が「これは誹謗中傷だ」と感じていても、コメントをした側が「これは批判だ」と思って投稿しているケースは多いのですが、この誹謗中傷と批判の線引きは一体何処にあるのでしょうか。

誹謗は他人を謗り、貶す事で、中傷は根拠なく悪口を言う事です。


誹謗中傷かもしれないと思ったときは、コメントをよく読み判断してください。
また、批判のつもりで書き込みをしていても、相手を悪く言う文章が無いか、ただの誹謗中傷になっていないかを確認することが必要です。このインターネット上での過度な批判、根も葉もない虚偽の投稿を規制する条例がアメリカで可決されました。アメリカのテネシー州サウスピッツバーグ市では、市や市に関係している全てのネットユーザー(市の従業員や役員、業者など)を対象に、SNS上での批判コメントの投稿を全面禁止する法案が可決。

市や市の職員に対して批判的な投稿をしたネットユーザーに、社会的制裁を与えられる法案で、その範囲は大手SNSだけではなく個人が運営しているブログにも適用されます。

違法スロットに関する最新情報です。

これまでSNS上での批判、虚偽の書き込み、誹謗中傷により業務を妨害されたとして可決された法案です。



この法案は今のところサウスピッツバーグのみで適用されている法案ですが、将来的に採用する地域、国は増えるのではないでしょうか。

いずれ日本でもこの条例より厳しい法案が可決されるかもしれません。

そうならない為にも自分の発言、書き込みには責任を持つ事が必要です。



Copyright (C) 2015 誹謗中傷と批判の線引き All Rights Reserved.