高齢者福祉への希望

日本の高齢化のスピードは世界でも類を見ません。


5人に1人が65歳以上となり、またこれからますます高齢者率が上がることは確実です。

世界の多くの国で高齢化がすすむ状態にはあるため、日本の福祉サービスは世界中で注目されています。
高齢者の世代は今の日本を作ってきたと言っても過言ではない世代です。
その功労者のために、今の現役世代が支える体制が基本でしたが出産率が上がらないまま高齢化がすすむため国民ひとりひとりの負担が大きくなっているのです。

高齢者福祉にはたくさん要望が出されます。
皆、他人事ではなく自分の将来にも関係があることだからです。

自分の慣れ親しんだ地域で自立して生活を送りたい、それが希望です。

希望を現実に変えていくために老人保健法、介護保険制度も制定後から部分改定や補足を行ったりしています。
介護福祉サービス業の広がりで、たくさんの人が介護サービスを受けやすくなりました。

それでもまだ入所する施設は足りない状態で順番待ちの状態が続いています。


作業療法士や理学療法士を介護福祉関連施設に配置を義務化したことで機能訓練も受けやすくなりました。


安定した雇用が望めるとあり、資格を取得するための学校も人気が高いです。
これからは町の中でも高齢者が生活を送りやすい工夫が必要です。
段差をなくすバリアフリーはもちろんですが、高齢者や要介護者の専用のトイレや駐車場、役場や病院、スーパーなどでのガイドなど日常生活を送りやすくするためにまだ取り組めるところがたくさんあります。

http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/fukushi/
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/kofuku/sisetu/kusho/kushojoho_home.htm
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/fukushi/